投稿

スタジオNUKITAの上川留萌フェア~留萌魚介と上川野菜を使って~

札幌市にある会員制クッキングスタジオ「スタジオNUKITA」にて、
7月限定で上川野菜を使った講座が行われます!

そこに、なななんと!!
夢民村の野菜も使っていただけることになりました!!

フードディレクターの貫田さんは、食による地域づくりやスタジオによる講座、
時には夕方の情報番組などを通して、食についての様々な情報発信をしている方です。

実は夢民村の事務所には2002年に描かれた、貫田さんの絵が今も飾ってあります。

夢民村の昔をまだまだ知らない若いスタッフでも、「貫田さん」といえば、
「あの絵の貫田さんでしょ!!」というリアクションが即座に返ってきますので、
会社の貫田さん教育はバッチリなのです(笑)

私たちはいつも一次産品ばかりを見ているので、
講座でどのようなお料理になるのか気になるところですが、
素材の美味しさを少しでも多くの方にお伝えできる、手助けができたらと思っています。

貫田さん、よろしくお願いしますね!

ようやくの晴れ間

このたびは、大変お騒がせいたしまして申し訳ございませんでした。
お客様の大事な情報が流出したりすることがなくて、本当に本当にホッとしています。
(気づいたら、この3日間で8時間も寝ていないことに気が付きました。。。)
田んぼのど真ん中にある小さな会社ですが、これから、もっとお客様に美味しいものをお届けし長く安心して頂くためには、もっともっと成長しなければと思い知らされました。
今回の教訓を生かして、また頑張りますので、今後とも変わらぬご支援を頂けたら幸いです。
image
そうこうしている間にも、作物はすこしずつ成長しています。
ただ、先週の夢民村は低温が続いたうえに、分厚い雲がずっしり空を覆う日が続きました。 おかげでトマトもなかなか赤くならず、各担当も思い通りにいかず、やきもきやきもき。。。

今日は昼近くからようやく晴れ間が見ました。
先ほど、週間天気予報を見たら、今週は最高気温25度を超える日が続いてスカッと晴れる予報!!先週の分も取り戻してくれるはずです!

高砂酒造さんの田植え

時折雨もぱらつく今日の午前中は、
高砂酒造の皆さんが田植えに来てくださいました。
高砂酒造さんは、「風のささやき」や北米向けの日本酒「iki-粋-」で
大変お世話になっている旭川の酒蔵。
今年も自分たちで作っているお酒の原料を生産する現場に足を運んでくださったというわけです。
IMG_9839_R.jpg
腰の痛みを耐えながら、ひとつひとつ苗を植えていく。
機械化した今でもこういった体験を希望して下さるのは、とてもありがたいことです。
夢民村の中にいる私でも、様子を見つめながらいろいろと感じるところがありました。
IMG_9869_R.jpg
手前にあるのはサンダル。なんですけどね。一応。
田んぼの中の泥はこんな感じでサンダルにも足にも…
今度は私たちも高砂さんに行って酒造りを学ばせて頂かないと…。
高砂酒造の皆さん、ありがとうございました!

桜の季節

北海道の桜の季節は主に5月前半。
ニュースにもなりましたが、旭川の桜が同じ日に開花・満開となりました。
夢民村の稲の育苗ハウスの裏にある山桜も満開です。
IMG_9348_R.jpg
山桜さんはソメイヨシノさんよりも花の色が薄く、とても控えめな性格ですが、
新緑の木々の中に堂々といることもあるので、立居姿が時として素敵なのです。

まだまだ芽はでません…

雪解けが遅くてハラハラしたけど、4月も下旬に差し掛かって、だいぶ雪が溶けました。
雪に閉ざされて車も人も入れなかった「就実の丘」も「ふきのとう」があちらこちらに見えました。
IMG_9105_R.jpg
なんだかんだ、なくなるもんだなぁ。。。
ちなみにこの畑にはお砂糖のもと「ビート」が植えられます。
アスパラはまだまだ…

【畑の状況】春はまだ?

東京ではもうまもなく桜が開花する時期のようですね。
ニュースを見ていると、西日本の方では花の便りもちらほら。
さて、春は北海道にも来ているのでしょうか? 
答えは、「ノー」と言わざるを得ません。。。
2月~3月にかけて、全国的に寒波や大雪のニュースが飛び交いましたが、
夢民村も例外ではありません。
例年にない寒波や大雪のおかげで、畑や田んぼの雪解けが非常に遅れています。
最近は1日気温が高い日(といっても+5℃以下)がやってきてようやく溶け始めたか、と思えば、翌日に暴風雪になって、また雪が積もったりと、一進一退の攻防を繰り返しています。
(ちなみに、今週末も暴風雪の予報…)
気温が上がれば雪解けは早い、という人もいますが、
雪解けの目途が立たなければ種まきをすることもできません。
苗の成長はこちらの都合よくは待ってくれないので、タイミングが早すぎても、
遅すぎてもだめなのです。
熱を加えて雪だけを溶かせばいいのか、というとそれも違うそうです。
気温が低ければ私たち人間も縮こまってしまうように、
地温が低ければ植物も成長できません。
ですので、ここはある程度自然に任せて、
徐々に全体の気温が上がるのを待つしかないのです。
…というわけで、ハウス栽培の青果物では、春先の予定に遅れが出始めています。
露地アスパラの畑も、まだ分厚い雪に覆われています。
IMG_8834.jpg
スタッフが様子を見に行ってみましたが、
まだ、この長靴が軽々埋まってしまうほど、雪があります。
4月上旬に通販カタログとアスパラギフトのご案内を発送する予定ですが、
アスパラギフトは、今のところ出荷が遅れる可能性が十分にあります。
お住まいの地域はぽかぽか陽気でも、夢民村はそれから1ヶ月半ほど前の状態です。
気候差によって、やきもきされるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、
今年はこういった事情もありますので、あらかじめご理解いただけたら幸いです。
畑の状況は随時、こちらにアップしていきます。

六次産業化法に基づく認定を頂きました。

2/29に六次産業化法に基づく事業計画が認定されました。
それを受け本日、北海道農政事務所から2名が来社され、
六次産業化法に基づく事業計画の認定証が授与されました。
農産と海産のコラボレーションによる「海鮮おかゆ」の製造・販売事業を展開していく予定です。
IMG_8642_R.jpg

【iki-粋-】「行ってくるわ!」

昨日の夕方、社長がとびきりの笑顔で「行ってくるわ!」と言って帰って行きました。
どこへ?記事を読んで下さった方はピンときたかもしれません。
そう…ニューヨークです!!
先日、掲載された新聞記事をいくつか紹介しましたが、
自主生産米の酒、米輸出 農業法人の夢民村/日本経済新聞
旭川の大吟醸 NYに挑む/朝日新聞
2/15にニューヨークで「iki-粋-」のお披露目会が行われるのです。
企画が動き始めたのが去年のちょうど今頃。
はぁーもうそんな時期なのかぁ!
時の流れの早さと、期待感が入り混じった気持ちでいっぱいです。
私の机は今回のプロジェクトを担当する花本さんと隣り合わせなので
本当に間近なところでそのプロセスを見ていました。
数多の壁にぶつかりながらも知恵を絞ってクリアしていく様子をみて、
今は、ここまでたどり着いたなら、本当にいい結果が出てほしいなと祈る思いでいます。
夢民村、大きな海の向こうでひとつの「夢」に向かって挑戦をしてきます。
皆さんからもぜひ、日本から応援の念を送ってください。
どうぞ、よろしくお願いします。

【畑の様子】はるまついぶき

また、雪がたくさん降りましたので。
IMG_7721_R.jpg
これを使って、ビニールハウスの雪下ろしです。
名称未設定 1のコピー_R
雪の重みでハウスがつぶれてしまっては春からの準備もできなくなってしまい、大変なので。
大雪が降ったら、青果のスタッフはバタバタです。
今年はビニールハウスの高さの半分に迫るくらいの積雪。
去年の同じ時期に比べて、倍くらいの量かもしれません。
でもどちらかといえば、今年の方が「例年通り」という感じです。
外はまだまだ寒いですけれど、
温かいハウスの中では、春に向けて一足早く力を蓄えている子たちがいます。
IMG_77161_R.jpg
昨日種まきをしたばかりの、ピーマンとトマト。今年はパプリカも作ります。
(芽が出るのはまだ先です)
メロンもそろそろ種まきの時期。
今年は、うまくいけば例年より早くメロンが出荷できる予定です。