投稿

旬の美味しさそのままに。佐藤錦、南陽、サミットなど50品種の中から激選された「冷凍さくらんぼミックス」

さくらんぼ

さくらんぼはわがまま娘

初夏が旬のさくらんぼ。やっぱり一番美味しい時に食べたいですよね。

さくらんぼ狩りでついついたくさん持って帰ってしまったり、いただきものがあったりと、自宅で毎日少しずつ楽しみたいところなのですが…
あっという間に傷んでしまうのがさくらんぼ。

特に温度変化には弱く、暑さはもちろんのこと「冷蔵庫に入れとけば大丈夫」と、よく誤解されがちですが、実はそれでも旬の味を逃してしまうんです。

なぜなら、冷蔵庫で保存するのであれば野菜室ですが、野菜室の温度は約6℃。これが5℃を切ると徐々に果肉が硬くなり、食感が悪くなってしまうからです。
さらに、長時間入れておくと、水分が蒸発し、せっかくの甘味も酸味も薄れてしまうのです。

さくらんぼを最も美味しい状態で食べるには、朝採れたさくらんぼをザルなどの通気性の良い入れ物に入れて、水分の蒸発を防ぐために濡れタオルをかけて、気温10℃程度の常温で保存し、お昼頃までには食べ切る!ぐらいの勢いが必要なのです。

でもそんなの無茶ですよね…

そもそもこの初夏の季節に自宅で気温10℃の常温の場所なんてなかなかないですし、さくらんぼの消費期限は収穫から2~3日が目安と言われていますが、産地から輸送されて手元に来る頃にはもうそのくらい経ってしまっていることもあるかと思います。
おまけにさくらんぼの旬の時期はたったの2週間!

そんな手の焼けるわがままなさくらんぼ。もっと簡単に美味しく食べられる方法はないのでしょうか…

 

それが、あったんです!!
夢民村スタッフ、探してきました。

さらに読む