投稿

1月1日以降の「新米」表記に関するお話

もうすぐ年末年越しですね。

あっというまにお正月です。

年末年始の夢民村は、新米の最後を迎え、一旦落ち着く期間でもあります。
ですが、ここでどうしてもお伝えしておきたい事実があります。

収穫の翌年1月1日以降に袋詰めしたお米は「新米」と表示できません。ではなぜ「新米」として売られているお米」があるのでしょうか?

「新米」の表示についてですが、収穫した年の12月31日までに精白や袋詰めがされているお米に限り「新米」と表示できます。これはJAS法で定められていることですね。
そのため、翌年1月1日以降に精白、袋詰めしたものは、もう新米と表示することはできません。
(夢民村では例外として、年末に注文があり、お正月休み中の1月5日などに到着指定があった場合は営業日の都合上、年末に精米、袋詰めして商品を発送いたしますので翌年に到着する商品であっても「新米」と表示されます)
夢民村では、原則商品の発送日に精米を行います。お届けする直前に精白、袋詰めした方が絶対に美味しいからですね。
そうすると当然新年1月1日以降に受けたご注文は、新米と表示されません。
でも・・・。
言い換えると12月31日までに精白して袋詰めしたものは、翌年の3月、4月でも「新米」と表記できます。

ここからが凄く大切なお話になるのですが、皆さんがインターネットで検索すると2月になっても、3月になっても、「新米」表示しているお米をたくさん見かけると思います。

これは、JAS法を守っているという前提で言えば、前年12月31日までに精米して袋詰めしたお米を、2月になっても3月になっても売っている業者がいると言うことです。

つまり、翌年1月1日以降は「新米」と書かれているお米の方が、袋詰めが古いということになりかねません。もしこれが精米であれば、鮮度が落ち、風味が失われている事もあります。(JAS法を無視して年明けに袋詰めしたお米に「新米」と表示されるケースもあるようです。)

できれば皆様には、こうしたきちんとしたお米の知識を持って、美味しいお米を食べていただきたく、今回書かせていただきました。

新米表示ができなくなる、1月1日から次の新米表示ができるようになるまでの7月〜10月ごろまでの間に、お米を買うときに「新米」と表示してあるかどうかを良く確認し、この記事を思い出していただければと思います。
※早いところでは沖縄の新米が7月に登場し、遅い地域では10月収穫のものが新米になる事があります)

夢民村のゆめぴりかに大きめの10kgが登場。今なら会員登録でお得な北海道米3種セットが送料無料!

ゆめぴりか10kg誕生

夢民村のお米「ゆめぴりか」に新しいサイズ「10kg」が登場です。

夢民村に、20161月より仲間入りを果たした「ゆめぴりか」。

甘みと粘りのバランスが非常に良いお米です。

アミロース含有量は、少なければ少ないほど粘りが出ますが、ゆめぴりかは北海道を代表するアミロース含有量の少ない低アミロース米です。

20161月に登場した当時、ゆめぴりかはまだ2kgのみの販売でした。

それが少しずつですが人気が出て、「もう少し大きいサイズが欲しい」というお問い合わせが増えたため、2016年の9月の新米に合わせて5kgが誕生いたしました。

そこから1年。

少しずつ、少しずつ。

ゆっくりですが多くの方に気に入ってもらえるようになった夢民村のお米「ゆめぴりか」。

今年から、6,000円(税込)以上送料無料のサービスを開始したこともあり、新米時期より「もっと大きめのサイズはないの?」というお問い合わせが増大。

これにあわせて、2017121日より10kgが誕生することとなりました。

夢民村のお米「ゆめぴりか」(白米/玄米)

日本穀物検定協会が毎年行っている米の食味ランキングで「ゆめぴりか」は昨年も「特A」を獲得いたしました。

これで6年連続「特A」を獲得したことになります。

食味試験のランクは5段階評価。炊飯した白米を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、複数産地コシヒカリのブレンド米と、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価し、毎年、食味ランキングとして発表されます。

特に「ゆめぴりか」の白いツヤと炊きあがりの美しさは高い評価を獲得しており、「美人」と称される事が多いのも特徴です。

そんな「ゆめぴりか」にお得なお知らせです。

夢民村オンラインショップにて、これから新規会員登録を行う方、既に会員登録をお済みの方限定で、「夢民村のお米・お試し3種セット」を販売中です。

北海道の人気のお米、「ななつぼし」「ゆめぴりか」と、夢民村で一番人気のお米「あや」を2合ずつセットにしたお買い得な商品です。

「あや」は、「ゆめぴりか」よりさらにアミロース含有量の低い低アミロース米で、強いモチモチ感と、甘みが特徴の北海道米です。冷害に弱く、育成が困難収量も少ない為、今では育成している農家がほとんどなくなってしまい、幻のお米と呼ばれるようになった品種です。

こちらの3種セット、通常価格1,200円(税込)のところ、500円(税込)にて販売中です。さらに、送料も無料です。
(※お試し3種セットは、1お届け先ご住所に対して、1つまでのお届けまでとなります)

【送料無料】夢民村のお米「お試し3種セット」(あや・ななつぼし・ゆめぴりか) 

この機会にぜひ、おいしい北海道米をお試しください

29年産「あや・はさがけ米」販売開始!お歳暮用のギフト商品も登場です

いつも夢民村をご利用いただき誠にありがとうございます。

夢民村で一番人気のお米は「あや」です。

その「あや」を更に稲わらごと自然乾燥させた特別なお米が、「あや・はさがけ米」です。

昔は当たり前だったこの方法、非常に手間や人手がかかることから、現在では、激減してしまいました。
しかしながら、「はさがけ」の良いところは、太陽の光を浴びながらじっくり乾燥することで、お米全体の乾燥度合が均一になり、稲わらの養分が米粒に行き渡ることです。
食味や炊きあがりのツヤがよりいっそう良くなる他、冷めた時の粘りや美味しさが違うというお声も頂いています。

通常、夢民村の新米は9月下旬より出荷されますが、「はさがけ米」は、そこからさらに天日干しを行うため、10月下旬から出荷が開始されます。

現在では、ご予約分の出荷も無事に終わりまして、ご注文を受けてから、翌営業日精米、出荷が可能になっております。今年のはさがけ米もどうぞ宜しくお願いします。

「あや・はさがけ米」の新米と新ギフトパッケージが登場!

「あや・はさがけ米」の新米に、新しい御歳暮ギフト限定パッケージが登場致します。
大切なあの人に、食卓が楽しくなる夢民村の新米を。

気になる方はこちらからチェックです。

【御歳暮限定】夢民村のお米「あや・はさがけ米」5kg 特別パッケージ

あやはさがけ米 お歳暮ギフト お歳暮ギフトの詳細

5kgの「あや・はさがけ米」を、お歳暮用ギフトパッケージにいれてお届けする、ギフト用パッケージです。
2017年12月15日 17:30までの限定販売となっておりますが、数に限りがございますので、ご予約はお早めに。

 

【御歳暮限定】夢民村のお米5種セット(各2合)

夢民村のお米「あや」「あや・はさがけ米」「ななつぼし」「ゆめぴりか」「きわだち」の5種類をセットにしたお歳暮ギフトパッケージです。
2017年12月15日 17:30までの限定販売となっておりますが、数に限りがございますので、ご予約はお早めに。

 

いつもの「あや・はさがけ米」

通年通して買えるいつもの「あや・はさがけ米」も絶賛販売中です。
※年間の販売量には限りがあります。

 

 

ご飯によく合う南蛮味噌、佃煮、三升漬の登場です

つい先日のことですが、北海道旭川に雪がふり、一晩つもりました。

ちょっと早すぎです・・・。
もちろん翌日にはキレイに溶けましたけど、冬タイヤに交換していない人もチラホラいて、大変な一日になっていましたね。

そんな夢民村は現在ジャガイモや玉ねぎ、カボチャなどの秋野菜と新米の出荷で一日が終わります。

ちょうど天気も良かったので収穫したてのジャガイモと玉ねぎの写真を収めてきました。
天気が良いだけでなぜか不思議と美味しそうに見えますね。

多くの方に北海道の美味しい野菜や新米を気に入ってもらえて、大変うれしく思っています。本当にありがとうございます。

そんな新米の美味しい食べ方のコツ

今回は、夢民村で収穫した自慢の新米をより美味しく召し上がっていただけるコツを3つご紹介したいと思います。

美味しく炊くためのお米の研ぎ方は夢民村ブログを参考にしてみてください。

白米の美味しい研ぎ方

玄米の美味しい研ぎ方

(1)お米は冷やしておいた方が美味しい

以前ブログでご紹介したことがありますが、「精米したお米の保存方法!~夏のお米の保管について~」で、保管場所について記載しています。

その中でも、最もお米を美味しく召し上がっていただける保存場所が「冷蔵庫」です。
記事の中で紹介した冷蔵庫用の米びつを使えば、簡単に保存しておけます。

というのも、お米は冷たい状態で保存しておくと身が引き締まり、表面についたホコリなどがとりやすくなる上、さっとお米を研ぐことが出来るようになるため、水でお米の旨味を流す回数も減るわけですね。

(2)なるべく精米後直ぐに食べる

現在では家庭用精米機もお手頃価格で手に入る用になりましたが、多くのお米マイスターが言うように、精米機によっては、糠があまりとれずに、臭みが残ってしまったり、胴割れしてお米の食感が悪くなったりするケースもあります。
もちろん家庭用でも十分に美味しく精米出来るものもたくさんあります。

でも精米後の清掃などの手間を考え、玄米で購入する方よりも、すでに精米された状態のお米を購入する方のほうがやっぱり多いと思います。ただ、お米は生鮮食品なので、精米後の保存は2週間程度が推奨されています。

さらにいうと、2週間後から鮮度が低下するわけではなく、精米した直後から徐々に鮮度がおちてくるので、お米を一番美味しく召し上がっていただくためには、なるべく1ヶ月で食べきれる量を購入するのがお勧めです。

(3)新米を楽しむ

収穫した年の12月31日までのお米を新米と呼びまして、翌年1月1日からは新米の表記が外れます。そのお米がさらに経過して、翌年11月1日になると古米と呼ばれるようになります。
ちなみに更にもう1年立つと古古米、その次の年は古古古米と、「古」が増え続けていきます。

玄米は劣化しにくいといっても、お米は水分を多く含んでいます。
時が経つとともに水分量が減っていきますので、やはりモチモ感とお米の香りを楽しむなら新米が一番です。もちろん水分を多く含んでいますので、お米を炊く時は、水を少なめにして炊くのが美味しく召し上がっていただけるコツになります。

昨年のお米と同じ分量で炊くと、なにか違う・・・と感じるかもしれませんので、新米を召し上がっていただく時は、水分量を調節してみてください。

さらにさらにご飯がすすむ、南蛮味噌、佃煮、三升漬が登場!

「添加物を使わず、全て手作り、昔ながらの釜戸を使い、風味が豊かになる木樽で熟成」

そんな手作り味噌を手掛ける「旭正2生活改善グループ」の商品が夢民村オンラインショップに登場いたしました。

どさんこ逸品商品一覧

旭正2生活改善グループという名前がよく硬いねと言われるそうですが、夢民村のように、複数の農家さん達が「家族が安心して食べられるもの」をモットーにあつまったグループです。昭和51年より手作り味噌を作り始め、平成14年には当時の人気料理対決番組「どっちの料理ショー」で特選素材として放送されるまでに成長。

現在は全国からご注文が入るほどです。
手作りのため、大量生産は出来ませんが、一つ一つの美味しさは本物です。是非お試しくださいませ。

今回、夢民村オンラインショップで販売するのは、以下の4点です
ピリ辛南蛮味噌
佃煮みよしちゃん
三升漬
上記3点の小さいサイズのセット

初回販売量は手作りというのもあり、一度に5個以上のご購入の希望があった場合は、翌営業日発送が出来ないことも考えられます。その場合は購入後に、改めてお届け日をご連絡さしあげておりますので、あらかじめご了承下さい。

母の日ギフトに感謝をコメて特別なお米「あや」

母の日ギフト

お米?どれを食べても一緒でしょ(笑)

はい。夢民村の「お米」を食べる前までは、殆どの人にそう言われ続けています

でも、北海道物産展へ出店し、お米の試食していただいたその瞬間から、ずーっと「あや」を食べ続けてくださっている方が多いのです。

あやは、一口、二口でその違いを実感出来る、日本人の多くが求める「もちもち感」が楽しめます。その上、品質の特性上「豊かな甘味」があり、食べたあとの口の中に広がる食味の良さは、「絶品米」と名付けてくださる方もいるくらいです。

あやのレビュー

今回はそんなお米「あや」を、特別な日に、ありがとうという気持ちをこめて贈っていただけるギフト用の「サンキュー米」をご紹介いたします。

さらに読む

日本人が愛してやまない28年産新米の時期がやってきます!

皆様、こんにちは。

先日の北海道への台風上陸の際には、たくさんのご心配のお声をいただき、誠にありがとうございました。

旭川市や旭川市近郊の地域では、各所で河川の決壊が相次ぎ、一時はどうなることかとハラハラドキドキしていましたが、

幸いにも、ここ夢民村では、稲や作物の品質に影響は無く、また、被害もほとんどありませんでした。

従業員一同、ほっと胸を撫で下ろしております。

 

さて、長らく更新がストップしておりました稲の成長の様子を今回はご報告したいと思います。

忘れていた訳ではないのですが、前回の更新から早くも2ヶ月余り…。

これからは新米の収穫まで、こまめに更新したいと思いますのでよろしくお願いします!

 

ところで、ブログのトップ画像が変わったことにお気づきでしたか?

先週の8月22日に撮影した稲の写真に変更しました!

実はこの写真、台風が過ぎた翌日に撮影したもので、よく見ると水滴で穂が濡れているのがわかると思います。

稲の写真

ご覧のとおり、稲は元気にすくすく育っています。植物って、本当にたくましいですよね。

 

ところで、そろそろ日本人が愛してやまない「あの」時期がやってきますね…。

 

そうです。「新米」の時期です!

先程も写真を載せましたが、現在、田んぼの様子はこんな感じです。

田んぼの写真

ごらんの通り、まだまだ穂が青いですが、この風景が黄金に染まる日まであともう少しです!

新米が食べられる日が待ち遠しいですね。

 

最近、毎日のようにお客様から「新米はいつ頃?」というお問い合わせをいただきます。

夢民村では、「あや」「ななつぼし」「きわだち」「ゆめぴりか」は、9月下旬頃から皆様のもとに新米をお届けできる予定です。

「あや はさがけ米」は、昔ながらの「天日干し」で、ゆっくりじっくり1ヶ月ほどかけてお米を乾燥させるので、

皆様のもとにお届けできるのは、10月の下旬頃になる予定です。

はさがけ米

(写真は過去のはさがけ米の様子)

現在、電話や夢民村ネットショップにて、28年度産新米のご予約を承っております。

新米の予約はこちら

ご注文をいただいたお客様には、新米がご準備出来次第発送させていただきますので、

確実に「お米が一番おいしい時期」を味わっていただけます。

更に、夢民村では、お客様からご注文をいただいてから、実際にお米を発送する”当日”にお米を精米しています。

お米は、精米してから徐々に酸化が始まり、酸化が進むとモチモチとした「粘り気」やお米の「旨味」が損なわれてしまいます。

ですから、夢民村では新米を、より「新鮮」でより「美味しく」!お召し上がりいただけます。

 

さて、先日ふと外を見てみると、綺麗な虹が出ていました!

なんだか嬉しい気持ちになったので、皆さんにも幸せを少しだけお裾分けしますね♪

田んぼと虹

中部国際空港セントレア、大雪おみやげ博inセントレア2016は8月29日まで!

大雪おみやげ博inセントレア2016

今年はゆでとうもろこしで、美味しいかおりを漂わせている夢民村です。

こんにちは!

現在夢民村の代表の島、息子の島が2人(※親子です)、中部国際空港セントレア4Fの大雪おみやげ博inセントレア2016に、北海道のうまいものを持参して出店しております。

島親子

今年もトウモロコシが人気です。また、真っ白いホワイトスイートコーンもセットで購入いただける方も多く、ご好評をいただいております。白いとうもろこしはビジュアルもインパクトがありますが、さくっとした食感と一緒に広がる濃厚な甘みにも驚かされます。お土産用だけでなく、その場で食べられるように温めます。

北海道で、もはや生産者が激減して手に入りにくい幻のお米「あや」も出品しておりますので、是非一度遊びに来てくださいね!

セントレア

夢民村だけではなく、宗谷黒牛を使ったローストビーフと北海道の海の幸が一度に楽しめるお弁当や、セントレア初出店「富良野牧場」の手作りソーセージ、製法までこだわって作った牧場ミルクソフト等々、北海道の“おいしい”をおなかいっぱいに感じられます。

セントレア

8月29日月曜日で終了です。

残す所あと3日ですが、土、日、月、お時間のあるときに、是非足を運んでみてくださいね。

Webでも今年リニューアルした夢民村オンラインショップをよろしくお願いします。
(新米予約、秋野菜のご予約開始しました)

http://www.shop.muminmura.com

精米したお米の保存方法!~夏のお米の保管について~

夏になると梅雨のじめじめが始まる季節。
この時期は、精米したお米は傷みやすく、しっかりと保存しておかないと、風味が落ちてしまいます。

今回はそんな夏に知っておきたいお米の保管方法についてご紹介したいと思います。
さらに読む

webサイトリニューアルキャンペーン2016年6月15日~6月30日まで

リニューアルキャンペーン

お客様により使いやすくお買い物をお届け出来るように、この度、webサイトリニューアルを6年ぶりに行いました。

リニューアルに伴い、今月2016年6月30日までお得なキャンペーンを実施しております。

キャンペーン内容

夢民村ネットショップにて(http://www.shop.muminmura.com/)

期間中、お米を6,000円以上、もしくは、
お米+他の商品で6,000円を超えた場合、
お米の送料が無料になります。

※お米商品のご購入が必至です
※6,000円は商品合計金額(税込み)です。
※1配送先、1個口分
※お米定期便の場合は、配送一回分の送料が無料になります。

お米送料

この機会に、お米が大変お買い上げ安くなっておりますので、是非ご利用してみてください。

キャンペーン期間

2016年6月15日17時~2016年6月30日23時59分まで

リニューアル後に既にお買い物を頂いた方は、6月30日までに追加でご注文を頂いた場合、送料無料の対象となります。
※お米を含み6,000円を超えている方

 

美しき田んぼの謎に迫る!

前回の田植え見学から早10日余り。

あの稲たちはどれ程生長したのでしょうか?

また前回残された謎「苗を田んぼ真っ直ぐ植えられる」その秘密とは一体・・・?

 

今回も最後までお付き合い頂けたら嬉しいです♪

 

さて、先週植えられた稲の様子は・・・?

先週の稲

(先週)

すくすく育つ稲

(今週)

どうですか?田んぼに水もはられ、稲もちょっぴり生長し、より稲らしくなったと思いませんか?

北海道は先週一部で雪も降り、旭川でも寒い日が続いていましたが、稲は我慢してくれたみたいで一安心です!

 

ちなみに、お米の苗は田んぼに植えられた瞬間、「稲」という名前に変るんですよ。

私も今回初めて知りました!

 

ところで皆さん、稲が真っ直ぐ植えられた田んぼってなんだか美しいですよね。

でも同時に、「どうやって苗を綺麗に植えているんだろう?」と長年疑問を感じていました。

あれだけ広い田んぼに苗を真っ直ぐ植えられるのは、機械を持ってしてでも至難の業のはず。

そこにはやはりベテラン生産者の妙技が隠されているのでしょうか・・・?!

 

謎を解明するべく田植えを観察していると、田植機の横からちょこんと伸びる2本のアームに気が付きました。

田植機のアーム

ちょっと見えずらいですが、

田植機イラスト

↑こんな感じに2本のアームが田植機から伸びています。

まるで「やぁ!」と言われているようで、なんだか少しかわいらしい感じです。

でも実はこのアームに全ての謎を解く答えが秘められているのです!

 

よく見ると右側のアームが田んぼに跡をつけているのがおわかりでしょうか?

次に苗を植えるときは、このアームがつけた跡に田植え機の中心を合わせることによって

真っ直ぐ苗を植えることができるという訳なんです!

田植えイラスト

ちなみに、苗が真っ直ぐ植えられてなくてもお米の美味しさには変わりありません、とのことです(笑)

しかしながら、お米を収穫するときに真っ直ぐ植えられていないと綺麗に刈り取ることが難しくなるそうですよ。

 

それにしても、本日は先週の寒さが嘘のような良いお天気で稲も嬉しそうです!

夢民村で人気のお米「あや」は、実は寒さに弱いデリケートなお米。

生産者さんの絶え間ない努力によってこの美味しさを守っているんですね。

今年は去年より美味しい「あや」を皆様にお届けできることを楽しみにしています!

田んぼの風景

暖かい気温は稲には嬉しい、だけど精米したお米には要注意。

これから夏場にかけて暑い日が続きますよね。

人間も夏バテしますが、実はお米も暑さは大嫌い!

気温が30度を超えると、お米はたちまち劣化してしまいます。

涼しくて、湿度の低い、直射日光の当たらない場所での保管をお願いします。

例えば冷蔵庫の野菜室は上記の全てが当てはまるお米の保管には最適の場所です。

特に、これから梅雨で湿度の高くなる地方の皆様は参考にしてみてください。