贈り物にお米が選ばれる理由とは?御歳暮ギフトに新米を贈ろう!

御歳暮ギフト

あっという間に1年も終わりが近づいてきましたね。

12月と言えば、そう。ついつい忘れてしまいがちな「御歳暮」。

皆さま「御歳暮ギフト」のご準備はお済みでしょうか?

 

毎年何を贈ろうかと悩みますよね。

そんな時におすすめなのが…

「お米」の贈り物

ありきたりのようですが、実はちゃんとした理由があるんです。今日はその理由をご紹介致します。

そもそも「御歳暮」とは?

御歳暮の由来と意味

「御歳暮」という言葉は、「歳暮」=「年の暮れ」つまり、元々は年末を表す言葉でした。

日本では毎年、年の暮れになると、1年間お世話になった人に御礼の贈り物を持って挨拶に回る習慣ができ、それを「歳暮回り」と呼ぶようになりました。

それがやがて、贈答品そのものを「御歳暮」と呼ぶようになり、現代に至ると言われています。

御歳暮を贈る時期

御歳暮を贈る時期は地域によって異なります。

本来は12月10日頃~20日頃に贈るのがマナーとされていましたが、最近ではデパートなどでの販売開始時期も関係してか、エリアを問わず、贈りはじめる時期が早くなっている傾向があり、特に関東では12月に入るとすぐに届くようになってきました。

贈る相手の都合が1番ですが、贈る品物が大晦日やお正月に使用されるようなものの場合は少し遅めに届けたりと、贈り物の用途によって届ける時期を考慮しても良いかもしれませんね。

うっかり御歳暮の時期を逃してしまったら?

御歳暮は上記の時期が基本となりますが、「贈るのをすっかり忘れて時期を過ぎてしまった」「相手方の都合が悪い(旅行や不幸など)」などという場合は、「寒中見舞い」として贈ってみてはいかがでしょうか?

年始は新年のご挨拶として「御年賀」となりますが、年内であれば「寒中見舞い」「寒中御見舞」で問題ありません。

ちなみに自身や相手方が喪中の時も、御歳暮はあくまで日頃お世話になっている方への御礼ですので、贈って差し支えないとされています。但し、相手方が喪中の場合は、紅白の水引は掛けずに、無地の奉書紙または短冊に「御歳暮」と書いて贈るようにしましょう。

ひとくちおむすび

なぜ贈り物に「お米」が選ばれるのか

さて、ここからが本題です。

いろいろなギフト品がある中で、なぜ御歳暮には「お米」がおすすめなのか。5つの理由をご紹介致します。

1.毎日の食卓に欠かせない食材

ご挨拶や御礼、お祝いのギフトを贈る際に、最も重要なのは、相手に喜んでもらえるかどうかですよね。

お菓子やお酒なども一般的ですが、日本人であればほとんどの人が毎日口にするのが「お米」。

甘いお菓子が苦手という方や、お酒が飲めないという方はよくいらっしゃいますが、お米を全く食べないという人は少ないですよね。

また、小分けの袋に入ったギフトは、家族で分けやすいですが、何人家族なのか気を遣わなければなりません。

その点お米は、小さな子供からお年寄りまで、どんな家族構成や人数でも、対応できます。

御中元や御歳暮では食品を贈ることが多いですが、「お米」をもらって困るという人は少ないのではないでしょうか。

2.縁起が良い

日本では昔から、お米は縁起物として捉えられ、様々な儀式や行事で用いられてきました。

「米」という漢字がまさにその象徴で、諸説ありますが、「米作りには八十八の工程がある」「八十八の神様が宿っている」などの理由から八十八の組み合わせによって構成されていると言われています。

また、「八」は末広がりとして日本や中国では有名ですよね。こういった文字の印象からも、末広がりに運が開けていく縁起物として親しまれています。

従って、縁起の良いお米は、お世話になった方の健康や幸せを願って贈るギフトとして最適なのです。

3.御歳暮の時期は新米の時期

贈答品として様々な用途に利用されるお米ですが、御中元よりも御歳暮の方がよりおすすめです。

それは、御歳暮の時期がちょうど新米の時期だから。

秋に収穫されたばかりの美味しいお米を「新米」として贈ることができるのです。

ところでお米はいつまで「新米」なの?と気になった方はこちらもどうぞ。

▶お米はいつまで「新米」と言えるのか

4.比較的日持ちする

昔は年の瀬の贈り物として、無事に年が越せるよう、お酒や乾物など日持ちする物を選んで贈っていたと言われています。

お米は、他の生鮮食品などに比べ、保存がしやすく日持ちする食品です。

年末になると年始までの食材をまとめ買いするご家庭が多いですが、贈ったお米が冷蔵庫を占領してしまうという心配もありません。

5.料理のバリエーションが豊富

お米は、先にお話した通り、ほとんどの人が毎日口にしますが、いろいろな食材と相性が良く、料理のバリエーションが豊かなのも魅力の一つ。

白米はもちろん、お弁当のおにぎりや、お祝い事にはちらし寿司、体調が悪い時にはお粥など、様々なシチュエーションでお使いいただけます。

また、料理が苦手な方にとっても、お米は具材を入れて炊くだけで、炊き込みご飯としてお召し上がりいただけますのでとても手軽です。

毎日食べるお米だからこそ、普段のお米とはちょっと違う特別なお米を贈ってもらえると、贅沢な感じがして楽しめますよね。

 

夢民村のあや

夢民村の新米「あや」

栽培が難しくめったに出回っていない「あや」は、抜群のモチモチ感と豊かな甘みが断トツの人気です。

 

「あや」はさがけ米

夢民村の新米「あや・はさがけ米」

「あや」を昔ながらの方法で青空の下、稲わらごと自然乾燥させた特別なお米です。

 

お米食べ比べセット

夢民村の新米食べ比べセット

「あや」をはじめ、「ななつぼし」「ゆめぴりか」など、北海道産のお米3品種をお楽しみいただけます。

 

夢民村のお米&発芽雑穀セット

夢民村の新米&発芽雑穀5種セット

体に嬉しい発芽雑穀5種類と夢民村のお米のセットです。お米はお好きな品種をお選びいただけます。