夢民村のサービス

夢民村でご提案するサービスのご紹介

夢民村の商品

夢民村ブランドの農産物や北海道産加工食品もお取り扱いしております

お問いわせ

0166 – 75 – 6033
営業時間:9:00-17:30(日・祝日除く)

about me

夢民村について

旭川と美瑛に隣接する農村地帯・西神楽(にしかぐら)で1994年に設立した夢民村は9人の農家が集まり設立しました。

「健康な作物は健康な土から」の精神で育んだお米や野菜は、現在では物産展や通信販売を通じて全国の皆様にお届けしております。

Product

主な取扱商品

土壌から美味しさを作る

夢民村のお米

低アミロース米の元祖「彩」をはじめ、「ななつぼし」「ゆめぴりか」を主に扱っております。産直ギフト商品や飲食店向け業務用商品など様々なニーズに応えた商品をご用意しております。

季節ごとの「美味しい」を

季節の旬を取り揃えています

春先にはアスパラガスから始まり、とうもろこし・トマトそして秋には馬鈴薯・かぼちゃなど夢民村150haの土壌で育んでおります。

また道内各地の農家さんとの業務提携により、北海道ならではの美味しさを提供しております。

夢民村のお米から生まれる旨味

夢民村のお酒

2012年にアメリカへ輸出を開始した純米大吟醸酒iki「粋」、純米酒「風のささやき」をご用意しております。どちらも夢民村で栽培した酒造好適米「吟風」を100%使用しております。また、国内販売、酒類の輸出入のコンサルティングも行っております。

Project

6次産業化への取り組み

電話、インターネットを通じた通信販売

当社では、2001年設立以来、電話、FAX、そして2010年からはより効果的なマーケティングを目指し販売部門を分社化する形で北海道夢民村を設立。WEBショッピングサイトを充実させ、自社が栽培するお米、野菜に加え、北海道内の農家の皆さんのこだわり野菜の販売しております。

また、ここ数年ではお客様の要望に応えるために、道産の水産物、加工食品の販売も行うなど、お客様へのワンストップサービスの提供と道産食材のフードマイレージ削減に積極的に取り組んでいます。

農商工連携による商品の開発

当社では、2007年、自社が栽培する酒造好適米を原料とし、地元旭川の有名居酒屋三四郎の女将と地元老舗酒蔵 高砂酒造がコラボレーションし、純米酒“風のささやき”を開発、販売。
また、この取組みは国内のみに留まらず、2013年には米国NYのStar chef Christopher Lee氏を旭川に招き、彼の洗練されたテイストを元に開発された純米大吟醸IKIを開発し、輸出、販売しています。

販路拡大支援

2001年設立以来、国内の大手百貨店で開催される“北海道物産展”に積極的に出店し、現在では、北は稚内、南は沖縄まで約5000軒にも登るお客様からご注文を頂くまでになりました。

当社ではこの長年に渡り蓄積したノウハウを活用し、道内企業の販路拡大支援に取り組んでいます。2015年からは、“道北うまいっしょ”と称し、道北地域13商工会議所の販路拡大事業を受託し、道内の様々な食品を物産展を通じPR、販売しています。

また、2016年からは米国サンフランシスコにおいて、レストランシェフ、オーナー、小売、卸売業者約100社を招待し、道産食材のPR、商談会を開催。尚、米国への輸出には当社の100%出資子会社MUMINMURA USA INCが、米国政府機関USDA、FDA、TTB等への事前登録、輸入通関、営業代行を行う等、企業の輸出、進出支援に取り組んでいます。

2016年9月、米国ではFSMA(食品安全強化法)が施行されました。MUMINMURA USA INCでは国内の食品製造販売業者が、北米に商品を輸出する際に必要になる施設登録、製造過程の適合検証、米国代理店登録などの手続きなどのコンサルティング、各種代行業務を行っています。

優れた農産物の生産と提供

「美味しい」を皆様へ

欲しいものを欲しい人へお届けする。それは単純にして一番難しい課題です。夢民村は、直売所を通じて目の前の方へ。全国の北海道物産展、オンラインショップを通じて全国の方へ。そして輸出を通じ世界へお届けします。

新鮮なものは直売所

夢民村は農業の昔ながらの直売所を運営しております。カフェで料理もご提供。

オンラインショップ

夢民村の商品はインターネットでお気軽に購入できます。

夢民村スタッフブログ

面白い、役に立った。美味しかった。そんな夢民村の日々をお届けします。